シューズ

【サイズ感は?】SALOMON(サロモン)のXT-6を購入レビュー!

今回の内容

・迷ったらハーフサイズアップがオススメ

・圧倒的なホールド感で一日ずっと履き続けても疲れない

・楽天で買うのが一番安いです

最近話題のテック系スニーカー!

SALOMON(サロモン)とは?

salomon(サロモン)

サロモンは、1947年にフランスで創立したアウトドアスポーツブランド。

「様々な人たちにアウトドアスポーツを楽しみ、上達し、自身に挑戦する機会を与える」ため、全天候に対応したアウトドアギアを提案するブランドです。

ハイテク系スニーカーが有名で、テック系の中では随一の人気を誇っています。

人気モデル「XT-6」をレビュー

今回購入したのは、そんなSALOMON(サロモン)で最も人気のモデル「XT-6」。

一時期は、売り切れて買えないほどの注目具合。

コラボ系じゃないスニーカーにも関わらず、メルカリで転売されるほどの人気でした…。

スポーティーなテック系デザイン

XT-6は、元々トレイルランニングシューズ。

しかも「ウルトラディスタンスレース」と呼ばれる100km以上走るレース用のスニーカーです。

ハンパなく過酷な環境で使われることが想定されているので、「どんな環境でも履ける」を想定したデザインになっています。

縫い目の一切ない、近未来的なマテリアル。スニーカー的なゴツゴツ感が少なく、革靴のように曲線が多めのシルエットです。

機能性が盛り込まれているのに、ミニマルなデザインになっています。

このおかげで、テック感がかなり強いデザインでありながら、高級感もあるので、めちゃくちゃカッコいいんですよね…。

在原みゆきさんや柴田ひかりさん、田中シェンさんなど、著名人に愛されるのも納得のデザインになっています。

『テック系のハイエンドスニーカー』って感じでメチャクチャカッコいい。

「どのブランドとも違う」圧倒的なフィット感と履き心地

特に、ずっと履き続けた時の疲れ方がまるで違います。

ナイキ・アディダス・ニューバランス系のスニーカーも履き心地いいんですが、流石に「夕方〜夜」になると『足、重てえ〜』ってなるんですよね。

一方で、サロモンは元々トレイルランニングシューズなので、全然疲れが来ないです。

Quicklace(TM)というシステムを採用しているため、紐の締まりがかなり良く、ホールド感がハンパないんですよね。

「アウトソールの作りが良い」とか、「クッションが高機能で疲れづらい」とか色々あるんですけど、体験した感じとしては、『無駄な力をまったく使わない』っていう感じ。

長く履いてても疲れないので、ガッツリ外出する時のスニーカーとして持っておいて損はないです。

他のスニーカーブランドも疲れないんですが、サロモンは特に「長く履いた時の疲れ」が違うなと感じましたね…。

created by Rinker
¥28,600 (2024/05/20 19:52:54時点 楽天市場調べ-詳細)

SALOMON 「XT-6」と「XT-6GX」のサイズ感

基本的には、「ハーフサイズアップ」で選ぶのがオススメです。

  • 例:26.5cm ▶︎ 27cm

というのも、海外ブランドなのでシルエットが細身なんですよね。ホールド感が強いのもあって、ジャストサイズ過ぎるとキツいです。

(『履いていると馴染んでいく』とは言うんですけど、革靴ほど伸縮するわけでは無いので…)

また、少しゆとりがある方が、紐でしっかりホールドできます。

サイズで悩んだら、無理せずハーフサイズアップがオススメですよ。

買うときは楽天が狙い目です

SALOMON(サロモン)/XT-6【2024春夏】


「ポイント+クーポン」で楽天が一番安いです。

人気のGORE-TEXモデルの取り扱いもあるので、わりと穴場です。

一時期は売り切れてましたが、春夏シーズンの新作が入ったので、在庫が潤沢です。

交換保証もありますし、サイズ失敗しても送料無料で交換できるところが多いので、定番モデルは楽天とかで買うのがオススメ。

失敗しても、交換すればOKです。
(※たまに交換できないところもあるので、ご注意ください!)

家で試着すれば、店員さんの圧感じることもないですしね…。