2020SS

【ドクターマーチン以外もある】メンズにおすすめの2万以下で買える革靴3選

なにかとあると便利なのが、革靴。

 

前年から引き続きエレガンス、いわゆるきれいめの流れが強くなってきており、注目も集まってきています。

「ハズし」としてスニーカーを使うこともありますが、トラッドよりのファッションなどは、やはり革靴という感じがしますね。

最初こそ少し履きづらいですが、歩いていると馴染んでいき「足の形ピッタリのサイズになる」というのも魅力。

あんなに硬かった革が自分の足になじんでくれると、愛着も感じます。

お前も丸くなったもんだな…。

 

ただ…

 

革靴、高すぎる。

上を見ればキリがなく、下を見ても1万円くらいします。

しかも1万円くらいの革となると足の馴染みが悪く、歩いていると靴ズレすることもしばしば。

老舗のブランドのような「ノウハウで安くできている」みたいなブランドでなければ、だいたい靴ズレします。

 

もし最初に買った一足が靴ズレしたら、普通に最悪ですよね。

というか、僕はそれで靴擦れしました。普通に最悪でした。

 

…というところまで考えると、靴の最低ラインはだいたい2万円。

このあたりから、靴ズレしにくく、何年も使える…というような、いわゆるコスパいい革靴がチラホラあります。

 

というわけで今回は、その2万円代で買えるコスパいい革靴を紹介したていきたいと思います。

Dr.Martin(ドクターマーチン)

この価格帯で最も進められているのが、このドクターマーチンでしょう。

 

ぼてっとした丸いフォルムに、黄色いステッチ。

革靴でありながら畏まりすぎないので、きれいめからカジュアルまで、幅広いファッションに使えるアイテムです。

 

もともとは医療用靴だったということもあり、丈夫さも折り紙付き。

使いやすさ・丈夫さ、どちらを取っても文句なしな一足です。

 

迷ったらとりあえずおすすめですね。

しかも、楽天で買ったら安く買える。並行輸入品ですが。

 

ただ、その使いやすさゆえに浸透しきっているのも事実。

冗談でなしに、大学に行くと1日3回は見ます。

 

もちろんクオリティはお墨付きなので、『被っても全然OK』という人にはかなりオススメです。

思考停止で『皆が履いてるんだから質がいいんだ』というわけではないんですが、やっぱり人気なものには理由があるわけで。

みなさんが「とりあえずコレを買っておけば大丈夫」と仰られるのもわかります。

 

ただ『たとえ靴でも被りたくない!』という人もいるでしょう。

そういう方には、8ホールのタイプがおすすめです。ハイカットデザインのほうですね。

 

こちらは3ホールと比べるとパンク感が強いので、あまり履かれてません。

イギリス系トラッドならまだしも、ドクターマーチンのもう一つの主要層である「古着系」とは少し合わせづらい。

 

しかし、実はドクターマーチンはパンクカルチャーとの結び付きが強いブランドなので、なんならこちらのほうがドクターマーチンらしい。

歴史的に見れば、こちらのほうが正統派なんですね。

なので店員さんなどのファッションが好きな人は、8ホールのほうが好き、という人も結構いらっしゃいます。

『被りたくないけど、ドクターマーチンが履きたい』という人は、こちらがオススメです。

 

ちなみに注意なのですが、

サイズ感については、1cmダウンするのがオススメです。

もともと革靴は足になじむように作られているので、キツキツで履いたほうが後でちょうど良くなるのです。

逆に、普段サイズで買ってしまうと、ブカブカで踵ぬけする…なんてこともしばしば。

革靴を買う際はサイズ選びに注意しましょう。

KLEMAN(クレマン)

ドクターマーチンと同レベルのクオリティで、かつ被りにくいというのが、KLEMAN。

 

黒一色のしっとりとしたレザーで、きれいめのファッションと相性抜群。

ただ、少し丸みのある木型で程よくカジュアル。畏まりすぎないデザインです。

イギリス・フランス系の、「キレイ目カジュアル」みたいなファッションが好きな方にはかなりおすすめですね。

 

2万円以下という値段帯ながら、なんと作りはメイドインフランス。

その作りに偽りはなく、細部のステッチまでしっかりと縫われています。

見た目はもちろんですが、長く使える丈夫さも持ち合わせているのも魅力です。

 

実はクレマンは、もともとフランスの公用シューズメーカーなんですね。

国からの委託で革靴を作っていたので、そのノウハウで、安価でいい製品がつくれるというわけです。

 

ラインナップも豊富で、カジュアルなチロリアンシューズから、ドレスなプレーントゥまで幅広い。

余談ですが、チロリアンは僕も愛用しています。買ってからもう2年になりますが、お気に入りの一足です。

ドクターマーチンほど被りもないので『被りたくない人けど、コスパいい靴が欲しい』という人はおすすめです。

トラッドファッションとの相性もいいので、メンズファッジとか好きな人は一足持っておくと便利です。

こちらは後日詳しく紹介しようと思うので、ぜひそちらもご覧ください。

 

こちらもサイズは1㎝下げるのがオススメ。

普段 スニーカー26.5cm の僕で、サイズ40がジャストです。

当時の僕は知識がなく、ついつい41を買ってしまいました。

そのせいで、少しブカブカしています。皆さんは気を付けてください…。

HARUTA(ハルタ)

最後は、日本ブランドのHARUTA(ハルタ)。

学生用ローファーを作っている会社です。高校で履いていた、という人も多いのでは?

 

しかし、学生ブランドとあなどるなかれ。靴のクオリティは高いです。

しっかりツヤ・ハリのある革を使用しており、木型も日本人の足にピッタリ沿うような美しい形。

普通にデザインがいいのはもちろ、きちんとサイズを選べば何時間と歩いても疲れません。

普通にデザインいいですしね。

ビジネスにも使えるシンプルなデザインです。

 

また、幅広いラインナップも魅力で

出展:https://store.haruta-shoes.co.jp/c/loafers/010706XG0

 

定番のローファーをはじめとして、カラフルな色展開で毎シーズンに新型が増えます。

 

ドクターマーチンなどもそうですが、やはり老舗は強いですね。

ノウハウとか、工場とのコネクションがあるので、安く良い物が作れるという。

 

サイズについては、-1.5cmするのがオススメです。

HARUTAは日本人に合うように幅広で作られています。

なので『インポートのは26cmだったし26cmでよかろう!』と買うと、ブカブカになります。僕はこれで一回ミスりましたし、根性で履ける思って履いたら、流血しました。

なので、気持ち小さめ、-1.5cmで買うのがオススメです。

初めて買う人へ

何回も書いていますが、本当にサイズ選びに気を付けたほうがいいです。

レザーって固いので、スニーカーみたいに紐を無理やり縛って履く、みたいなことができないんですね。

なので、ピッタリのサイズでないと、ブカブカのまま履いて、変なしわ入って、流血して…本当に最悪すぎる。生き地獄とはこのことか?

 

なので、サイズを選ぶ際は気をつけましょう。

具体的には、1~1.5cm下げて買うのがオススメです。

 

革靴はサイズ表記が違うので、スニーカーと同じ26cmを買ったらブカブカに…

なんてこともよくあります。僕はこのミスを3回やりました。

 

皆さんはそうならないように。

ドクターマーチンは-1cm

KLEMAN    は-1cm

HARUTA    は-1.5cm

がオススメです。

ネットで買うのもオススメ

また、買う際はネットで買うのもおすすめ。

『サイズ選び気をつけろって言っただろ?頭おかしいのか?』と思われるかもしれませんが、一度剣をお収めください。

 

少し前までは店舗一択だったんですが、最近は返品が簡単になってきていることもあり、ネットも全然アリです(ただ、ちゃんと返品できる店を選びましょう)

 

なんなら、店舗だと店員さんがいますので、『あんまり時間かけちゃ悪いな…』と思って、納得がいくまで試着できないこともしばしば…。

その点、家なら誰もいないので、ゆっくり試着できます。

 

なので、ネットで買うのも全然アリ。

しっかり悩んで、自分に合うサイズを選んでください。

もしもサイズが合わなったら

そして、もしサイズが合わなくて、返品もできなかったら。

 

僕も一回やったことがあります。

店舗で買ったときなんですが、返品しづらいのでそのまま履いちゃったんですよね。

そういった場合は、中敷きを入れるのがオススメです。

100%改善されるわけではないですが、カポカポが軽減されます。

 

ただ、これはあくまで苦肉の策なので。

そうならないよう、買う前にしっかり悩んでおくのがいいです。

 

 

というわけで、おしまい。

お読みいただきありがとうございました✊