趣味・雑記

コロナに負けるな!スイッチ・PS4のガチでオモロいおすすめゲーム5選

外出自粛、暇すぎ。

毎日『一生、家でぐうたらして~』と思ってたけど、いざやったらメチャクチャ暇。

一生ツイッターを『シュポ…』ってやっています。

 

ただ当然、外に出るわけにもいかず。何をしたらいいものか…。

 

しかし逆に考えると、こんなに家にいる機会、なかなかありません。

ここはひとつ、『ゲームを極める』というのはどうか…?

 

ポテチとコーラを両脇に、朝から晩まで1日中ゲームやる!

小学生のころ憧れた、アレ。

めっちゃ楽しそうじゃないですか?僕はやります。

 

しかし、ゲームやると言っても、最近のゲームはわからない人もいるはず。

というわけで今回は、10万時間以上ゲームした僕が、一生遊べるマジでオススメゲームを5つ紹介。

 

もちろん全部僕がプレイした、マジのおすすめゲームです。

やってもないものは勧められませんからね。

みんなが楽しめるよう、最新作多めで紹介していきます。

『スプラトゥーン』で娯楽の暴力を味わう

 

超・時間泥棒ゲーム

朝初めて、気づいたら夜になってる。春休みどころか、一生遊べます。

ゲームの特徴

やることは4体4の対戦で、ネットで知らん人とチーム組んで戦うゲーム。

プレイヤーは「インクに潜れるイカ人間」になり、インクに潜ったり、武器からドバドバインクを出して戦います。

そして最終的に、塗ったナワバリのエリアとか、カウントを競う、という対戦ゲームです。

おすすめポイント『対戦要素がマジで面白い

とりあえずこのゲーム、対戦要素がマジで面白い。冗談抜きで一生遊べる。

基本ルールはとてもシンプルなんですが、『勝つためには』と考えだすと、どんどんと奥深くなっていって…。

 

勝つための戦略や、チームプレイ、エイムやらなんやら…。

極めようとすると、キリがない!

 

そして、その場限りとはいえ、連携が取れた時はナイスを送りあって芽生える友情。

一人で何キルもとったときの爽快さ、自分の閃きでゲームが動いた時の高揚感!

オリジナルのサウンドもよく、勝ちだの負けだのいちいちの演出に本気にさせられてしまったり…。

 

小学生に戻ったみたいに、本気で楽しめるんですよ。

面白すぎて本当にヤバい。

僕もシリーズ累計で5000時間は遊びました。ゲーム界の1級危険薬物です。

※ちなみにこのゲームはネット環境がないと、対戦ができません。買うときは気を付けてください。

『あつまれどうぶつの森』でめっちゃまったりする

 

スーパースローライフゲーム

やると脳がふにゃふにゃしてきて、なんとなく満ち足りた気分になる。(違法薬物の話ではない)

ゲームの特徴

どうぶつしかないマッタリした村で、一緒にむらびとになって生活するゲーム。

無人島では現実と同じ時間が流れるので、まるで第二の生活を送っているかのように楽しめます。

今は外に出れませんが、どうぶつの森ならバカンスだって楽しめちゃう。

さらに、今作では無人島を舞台に、DIYや開拓ができるようなり、やれることがメチャクチャ増えました。

おすすめポイント『自由度が高すぎ』

なんといっても、やれることが多すぎる!!!

 

虫あみを振り回して昆虫採集したり…

川や海で釣りをしたり…

 

集めたムシ・サカナ・化石を博物館にコレクションしたり…

自分で家具をDIYしたり

何にもない無人島を開発して行ったり

自分で洋服を作ったりすることもできちゃう

 

これもまだ一部で、まだまだやれることがあります。

やれることありすぎか?

 

まさに、第二の人生。

現実でできないなら、ゲームでやりゃあいいんだよ!というゲームです。

『ポケットモンスター剣盾』でガチ感動する

 

ポケモン史上最高傑作

最高傑作。断言していい。ポケモンで泣ける。

ゲームの特徴

ガラル地方という、イギリスのような街並みを、ポケモンと旅するゲーム。

とくに、今作は3Dグラフィックに磨きがかかっているので、街なみ一つをとっても、壮大さがスゴい。

マジで旅をしているような錯覚に陥ることができます。

 

さらに、今作ではオシャレやキャンプ、オープンワールド風マップなどの要素がガンガン追加され、自由度がものすごく。

 

メチャクチャ面白くなりました。

おすすめポイント『ストーリーがガチでいい』

今作はシステム面がマジで最高。

最高ですが、置いておいて(本当は語りたいけど一生終わらないのでやめる)

 

ストーリーがマジでいい。

ポケモンのストーリーが?幼児退行か?いや、幼児退行ではないです。

 

当然メインターゲットは子供なので、内容はシンプル。

取り扱う問題は結構リアルなんだけど、子供でもわかりやすいよう、言葉少なめで進んでいきます。

 

ただ、ここに仕込んできてるのが、ゲームフリーク。

 

言葉が少ない故に、グッと来る演出が、多すぎ!!!

ダンテとリザードンの顔合わせ、ホップの一つ一つの表情、ローズ委員長のあのシーン、もう最初から最後までエモの洪水が止まらん!

 

とくに「ラストバトル(どこをラストと思うかは人による)」はもう本当に拳に力が入って、手汗が凄い…。

 

やればやるほどストーリーに引き込まれる、最高のゲーム。

妄想が捗りますよ。

 

さらにさらに、今後は大型アップデートで追加ストーリーもあり…どんだけ遊べるんだよ!!!

ぜひ昔ポケモンをやったことがある人は、一度はプレイしてほしい名作です。

 

ちなみに、ソード・シールドと、2つあります。

 

違いとしては出てくるポケモンと、キャラクターの違い。

ポケモンは簡単に交換できるので気にしなくてOKですが、ジムリーダーは変えられません。

ソードは若い女の子が多いですが、シールドにはガチで可愛いショタがいます。

僕は断腸の思いで、ソードを選びました。

『テラリア』を一生プレイする

 

時間泥棒ゲーム 2

朝やったら夜になってるゲーム2。

やっていると時間間隔が狂い『や、あと8分だけ…』と言いながら8時間やる。

僕はこれのせいで、遅刻して単位落としました。

ゲームの特徴

ゲームシステムは、マインクラフトの2D版。

全アイテムはブロックで作られていて、それを組み立てて、なんでも作れる。

いわゆるサンドボックス型ゲームというやつです。

ドット絵やアクションが好きな人は全員楽しめる。つまり全人類楽しめるゲーム。

おすすめポイント冒険、おもしろすぎ』

システムはマインクラフトと言いましたが、一つめちゃくちゃ違うところがあります。

それは「かなり冒険寄り」なところ。

このゲーム、ワールドの至りに至るところに穴、いわゆる地下があるんですが、そこでする冒険がマジで面白い。

 

地下に潜って、採掘して、素材を集めて…。

その素材で強化して、さらに潜って、モンスターと戦って、さらに強力な素材を集めて強化して…!

そして一定まで強化したらボスと戦って、そして素材を手に入れ強化して…!!!

さらに地下に潜って強化して…。

 

無限にこれができる!楽しすぎる…!!!

 

とく、地下ではレアモンスターや、レアドロップもあり、これを狙うのもマジで楽しい。

ミミックガチャ、クッソ楽しいですよ。

 

こうやって書くと戦ってばっかりですが、戦いが楽しすぎるから仕方ない。

まさに、2Dアクションの金字塔。ゲーム好きなら一度はプレイすべき名作。

 

ちなみに、テラリアは色んなハードから出ています。

持っているハードでプレイするのがおすすめです。

ペルソナ5Rでもう一回青春をやる

 

ガチでヤバイ青春ゲーム。

やると感情の振れ幅がすごくなり、ありもしない高校生活を思い出して泣きそうになる。

ゲームの特徴

※P5RのPVはネタバレになるので、P5のPVを貼ってます。ゲーム内容は同じ(P5Rに全部入っている)なので、安心してください。

特別な能力「ペルソナ」に目覚めた主人公が、高校生しながら「心の怪盗団」として暗躍し、現代社会の闇に立ち向かう…みたいな話。

 

ゲームシステムは、配合とかがある、ターン制RPG。

ドラクエモンスターズとかのイメージです。

配合して強くして、また新しいモンスターを捕まえて…みたいな。

 

グラがマジでヌルヌルなので、戦闘が迫力がすごい。

そんな感じで、とても面白いRPGなんですが

おもしろポイント『ギャルゲー楽しすぎ』

 

このゲームのガチでヤバイところはコープ。

コープっていうのは、キャラごとの好感度によって進んでいく、イベントのこと。このイベントがマジでヤバイ。

心の大事なところをガンガン突いてくる。

 

とくに僕が一番好きなのは、親友と夜飯を食べに行くイベント。

夜の9時くらいに、牛丼を食べながら、お互いの身の上について話すイベント。

「俺実は昔…」みたいな話をお互いするんやけど、この心を開き合う瞬間、良すぎ。

 

ネタバレなんで深くは言えないんですが、心をグッとわしづかみにされるようなあの感覚が、マジでヤバイ。

部屋でゲーム画面に向かってるだけなのに、めちゃくちゃ胸が熱くなる。

 

また、女性に対しては恋愛要素もしっかりあり、みんなが大好きな告白シーンも山ほどある

ガチでドキドキして、胸の鼓動がバクバク鳴るようなシーンもあった…(照)

 

さらに、場合によっては性に奔放になることもでき、普通に10股とかができる(普通に10股をするな)

しまいには、修羅場イベントまである始末。これもうギャルゲーだろ。

 

とにかく、ギャルゲーとRPGが同時に楽しめる、カツカレーのようなゲーム。

春休みはこれやって、自分の高校生活をレッツ捏造!

おわりに

以上、5本の紹介でした。

全部プレイしましたが、全ゲーム60時間以上遊んでます。おもしろすぎ。

 

ただ…『ゲームってちょっと買いづらい』という人も多いと思います。

1個6000円くらいですから、バイト代1〜2日分しますからね。

 

マジでわかります

 

僕もいまだに買うのに躊躇します。

 

ただ、これだけは言えるんですけど

『面白いゲームってほぼ定価で売れるんですよね』

 

例としてスプラトゥーン2は、発売から2年経った現在でも4000円で取引されています。

 

だから言ってしまえば、実質1000円で遊べるんですよね。

4000円は帰ってくるので、貯金みたいなもんなんですよ。

 

だから、とりあえず一度買ってみて欲しい。

 

本当に面白いゲームたちなので、これをやらずに春休みを終えるのは、本当にもったいない!

ぜひ、一度手に取ってみてください。

 

コロナでこんな世の中だからこそ、『家でできること』を全力で楽しみましょう!

 

お読みいただきありがとうございました✊