2020SS

Uniqlo U(ユニクロU)2020SS 事前レビュー!絶対買いたい、おすすめアイテムは?

ユニクロUのアイテム欲しいけど…数が多すぎる!

『これはどういうアイテムなのか?』

『他の人の感想は?』

 

気になることがたくさん…。

 

というわけで今回は、毎日12時間ファッションのこと考えているオタクが、全46アイテムを整理しました!

結論から言うと、僕が気になってる(おすすめ)のは

・ドリズラージャケット

・ワイドフィットスウェットシャツ

・オーバーサイズボーダークルーネックT

の3つです。

 

※これは事前情報を元にした、発売前のレビューです。実物のレビューは発売日に行うので、より詳しく知りたい人は少々お待ちください!

目次

アウター

テーラードジャケット

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

期待値:★3

いつもの定番ジャケット

今っぽくて使いやすいセットアップです。

身幅をすこし広めに取った、肩肘はらないリラックスしたシルエット。
これだけだとおじさんですが、すこし腰がシェイプしてるので、おじさん感もない。

ポリエステル素材なのでシワになりづらく、ヘビロテできるすごいやつ。

定番人気の、使いやすいセットアップです。

ぼくの感想

前期も人気で、転売もされてたジャケット。それくらいクオリティが高い。

ただ物はいいんですが、僕みたいな大学生にはキチっとしすぎ感もあります。普段着に使うなら学生より、大人向けかな…。

ビジカジとか、休日ちょっと出かける時とか、これをファサっと羽織ってたら「余裕ある大人」って感じでカッコいいです。

 

総評:安定のセットアップ。学生よりも、大人の人におすすめ。

コットンリネンジャケット

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

期待値:★3

雰囲気もゆったりコットンリネンセットアップ

いなたい雰囲気のセットアップ。

ウエストにダーツがない分、さっきよりもおじさんぽいシルエットになってます。
しかし、リネン入ってるのでそのおじさん感が、いい「いなたさ」に。

シルエットも雰囲気も、ゆったりめ。無印やヤエカの雰囲気が好きな人にいいかも。

ぼくの感想

似た感じなので、割愛!

しかしリネンが入ってるので、どことなく北欧風。
初夏くらいまで着れるし、下をショーツにすれば、夏でもいけそう。

総評:北欧風のセットアップ。使い分ければ真夏もいけそう。

ブロックテックトレンチコート

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

期待値:★3

カッチリすぎない、ブロックテックの新型コート

ブロックテックの新型。今期はステンカラーはなく、代わりにトレンチみたい。

着想は恐らくU.S NAVYのミリタリーコート。エポレットがなく、小さめの襟元が特徴的です。

カラバリも定番のベージュではなく、薄ピンク。

「ミリタリーベース+薄い色合い」で、キマりすぎないトレンチコートです。

ぼくの感想

去年のダッフルもですが、ユニクロのブロックテックますますクオリティ上がってますね。一目では「機能用」とはわかりません。

これなら普段使いも余裕そう。

 

ただ、色だけどうか…。

かわいい色ですが、「トレンチ+ピンク」は女性的なのでムズそう。
合わせるとしたらボブヘアーでフレア履いて…ジェンダレスみたいな感じでしょうか。

カッチリしすぎないとは言ったものの、実際の色によっては難しいアイテムです。

総評:色味によって評価の分かれる一着。着丈によっては、そもそも低身長には厳しいかも。

フーデッドコート

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

期待値:★3

存在感抜群、オーバーサイズのミリタリーコート

こちらもミリタリーをベースにした、フードコートです。

デザインはシンプルですが、オーバーサイズシルエットなので存在感たっぷり。黒はモードな雰囲気もあるので、春先にバサッと羽織るとサマになりそうです。

 

ちなみに着想元は…わかりませんでした。スノーパーカーかと思ったんですが…ごめんなさい。

ぼくの感想

カッコいいとは思うんですが、難しさも感じます。

真っ黒で長いコートって、アニメキャラみたいになるんですよね。†黒の剣士†みたいな。

なので、その「アニメ感」を生地やシルエットで拭えているかが問題。これも実物によって評価が大きく分かれるアイテムなので、当日にまたレビューします✊

総評:存在感のあるオーバーサイズコート。実物で大きく評価の分かれる一着。

トラッカージャケット

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

期待値:★3.5

ゆるふわ系トラッカージャケット

薄い色合いのトラッカージャケット。

カラバリは薄めで、全体的に優しい雰囲気。
左綾のデニムは柔らかいこともあって、中性的なムードに仕上っています。

ポケット位置的にも、ソースはラングラーでしょうか。前着はリーバイスの1stがベースだったので、今回はラングラー…みたいな。

ぼくの感想

攻めたカラバリで、おもしろい。

特に30 NATURAL。
白ともベージュともつかない、いい色味です。あとで紹介する、ペールトーンのストライプシャツともよく合いそう。

 

他にも、少し尖った襟や、細身なシルエット、長めのアームホールなど…ほんのり感じる70s感。

アンニュイな色味+トレンド感という、独特のアイテム。買うかどうかはわかりませんが、絶対試着する(鋼鉄の意思)

総評:面白いですが攻めた色な分、着こなしは難しい。使いやすいアウターを探してる人には、あまりお勧めできません。

デニムワークジャケット

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

期待値:★4.5

シンプルなのに個性的な1着

今回の目玉の一つ。かなり存在感のあるカバーオールです。

ポケット位置・前ステッチなど、伝統的なディティールを再現しつつも、右胸は内ポケットにしたり、下ポケットはボタンフライにすることで、シンプルなのに存在感を出してあります。

 

こちらもベースはラングラー。ユニクロらしからぬ強い存在感をはなっていて、かなり注目度の高い1着です。

ぼくの感想

これ…いいですよね。

シンプルデザインなのに、内ポケットやボタンフライで違和感付けされていて…。

ブランドイメージを残しながらも、今までとまったく違う切り口のデザインなので、純粋にすごいと思った…。

 

ただ、こういう存在感の強いジャケットは、合う・合わないが激しいんですよね。ヒゲとか生やしてる「情報量の多い人」には似合うと思うんですが、そうでないと難しいかも。

 

総評:オシャレだけど、合う合わないの激しいアイテム。できれば試着して決めたほうがいい

ハンティングジャケット

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

期待値:★2

ルメールらしい?ハンティングジャケット

カバーオールベースの、ハンティングジャケット。

比翼仕立てに、のっぺり生地感でミニマルな見た目に。
デザインを無くすことでデザインをする、ルメールらしいデザインです。

ぼくの感想

ごめんなさい、これはちょっと…。どうなのかな、と思ってます。

 

ルメールらしいデザインですが、ちょっとシンプルすぎるような気がして。もちろんこういう、ミニマルなのに上品なデザインがルメールの真髄です。

しかし、それは高級素材を使ってるから服として成立してるのであって…。

この生地感だと、どうなのかなという。シンプルすぎて制服みたいになっちゃうんじゃないかな…と。

総評:シンプルすぎジャケット。明確な目的がなければ、避けたほうがよさそう。

ドリズラージャケット ★

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

期待値:★5+

まさに「昔」、漂うレトロ感

シンプルなドリズラージャケット。

今回は素材違いで、コットンリヨセルが使われています。

とにかくこの素材、レトロ感がすごい。

くたっとした生地感、フィルムカメラで撮ったような発色の悪さ。
かなり「昔」な一着です。

ぼくの感想

これが一番気になってます。(完全に趣味なんですが)

とにかく、このレトロ感です!72パープルのくたっとした赤の発色!

この80s感がたまらん!まさに、ずっと古着で探してた一着!早く501やコルテッツを合わせて履きたい!!!

ただまあ、実物を見てないので、判断は早計です。
イメージ通りなら買うんですが、思ったより色がサツマイモだったとか、シルエットが微妙だったとか…。

前もそういうことがあったので、きちんと見てから決めたい。

総評:色味さえよければかなり使いやすいアイテム。場合によっては万人にオススメ。

セーター・カーディガン

リブクルーネックセーター(長袖)

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

期待値:★3.5

シンプルな畦編みニット

ベーシックな畦編みのコットンセーター。

リブが一切ないので、これまたミニマルな見た目です。パッと見でも、シンプルな感じがします。

シンプルですが、こういうのはあると便利です。『今日なに着ようかな~』というときにサラっと着れます。

持ってなかったら、とりあえず買っといて損のないやつ。

ぼくの感想

絶対ハズレないやつです。コットン+畦編み+コニャックカラーって、失敗しようがない。シルエットもベーシックで使いやすそうですし。

僕はこれ以上ニット買う気はないですけど、持ってなかったら絶対買ってたと思います。

 

まあでも、僕はもう持ってるので…。それも踏まえて☆3でした。

 

総評:絶対ハズれないニット。欲しい色があるなら、たぶん即買いしていい。

ドライタッチサマークルーネックセーター(長袖)

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

期待値:★1.5

素材でひねったシンプルニット

新素材を使ったニット。

特殊な加工をすることで、リネンのような肌触りになっている…らしいです(着たことないからわかんない)

見た目はシンプルなハイゲージニット。ただ、糸の加工でウールとは違った質感になってそう。見た感じは、ジャリっとしてますね。

ぼくの感想

新しいアイテムなので気になるん…ですが!

こういう表情が無いセーターって、逆に難しい。Tシャツでもそうですが、ポケットすらないと「下着感」が出るんです。

縫い目のアクセントこそありますが、はたしてこれ一枚で成立するのか…?

また、74パープルは少し発色が悪い紫。この色は一歩間違えると「おばちゃん」になってしまうリスキーな色なんですよね。

 

「下着感+おばちゃん感」で、メチャクチャ扱いが難しそう。

ただ「民族感」も感じるので、アクセサリーで装飾したら化けるかもしれない。

総評:シンプルゆえに、扱いが難しそう。欲しい場合も、売り切れはないと思うので様子を見てからでいい。

ニットポロシャツ(長袖)

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

期待値:★4

ついに登場、シンプルな長袖ポロ

満を持して登場した、長袖のポロシャツ。去年にはなかった新作です。

去年の半袖ポロから、シルエット・襟の大きさはそのままに、袖を長くしたタイプ。いわゆるマイナーチェンジですね。

今回はUのサムネ画像にも使用されているなど、看板アイテムの1つ。

シンプルですが、個性もあるので、使いやすそう。

ぼくの感想

ついに来た、という感じです!心待ちにしてました…長袖ポロ!

ユニクロのポロシャツって本当にクオリティが高い!編み目・ツヤ・シルエット、どれをとっても価格以上なんですよ。

なので『春先も着れる長袖を出してくれたらな~』なんて思ってたら…。

出してくれた!嬉しすぎる💢💢💢

 

現在はトレンド移行から、ストリートでもポロシャツが再注目されていますし、このタイミングで長袖ポロも出してくれるのは、最高すぎる!!!

 

ん、ですが。

 

このポロシャツ、貝ボタンじゃない。

半袖のスーピマコットンポロは、貝ボタンなんですよ!着た時キラッと光ってくれて、アクセントになってくれる。最高。

 

なのに!!!こいつは貝ボタンじゃない…!!!

まさに画竜点睛を欠く、です…!シルエットも生地もいいのに、ボタンだけプラスチック…!!!

もう1000円高くしてもいいから、貝ボタンにして…という気持ちの、☆4です。

総評:「ほぼ」完ぺきなニットポロ。使いやすいのでとりあえずで買っといても良さそう。

ミドルゲージVネックカーディガン(長袖)

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

期待値:★2

アイテム説明

シンプルながら存在感のある一着。

ヴィンテージのカーディガン(レタードカーディガンとか)がベースです。詰まった首元や、下についたポケットなどが特徴的。

ただ、ワッペンなどのデザインをなくすことで、極力ミニマルな見た目に。

シンプルだけど、「おっ?なんだあれは」と目を惹くデザインです

ぼくの感想

オシャレだと思うんですが、絶対難しい。

そもそも、デザイン元のレタードカーディガンだって流行ってないんです。(首元のつまりや、丈と身幅のバランスなど、理由は色々あるんですが)

流行ってない物をひねって出されても、難しい。早すぎるというか、想像のナナメ上の上を行ってる。

タートルネックを仕込んで上品に着るとか、フレアパンツでトレンド感出すとか、考えようはあるでしょうが…。

それでもやっぱり難しそう。

総評:着こなせればオシャレだが、難しい。着る際はある程度の工夫がいりそう。

Tシャツ・スウェット

ワイドフィットスウェットシャツ(長袖)★

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

期待値:★5

今っぽくなって帰ってきた新定番

ヴィンテージのリバースウィーブをベースに改良された一着。

・ネック広め
・着丈短め
・身幅広め

と、トレンド感が詰め込んであります。
それこそ、去年ドメブラがこぞって出してたようなシルエットです。

ぼくの感想

感謝の一着。

1.まず、ネックの広さへの感謝。

首元が詰まりすぎると顔がデカく見える。そのため、低身長はネックが広いほうがいい。

広くしてくれて、ありがとう。

2.そして、カラバリへの感謝。

僕は2019awの記事でも「メンズのカラバリ、色が暗すぎ」と触れていました。

レディースはこんなにかわいいのに、なぜメンズは陰キャカラーリングなのか、と。

しかし僕の祈りが届いたんでしょう、ついに来てくれました!!!(ペールトーンがトレンドということもあるんでしょうが)

 

まさに求めていたような一着。生地感によってはナンバーワン候補です。

個人的に気になってる色は、71パープル。

女の子っぽくて難しそうですが、実は男もいける!薄い色のデニムと合わせると、90年代のようなレトロ感がでて、これまたかわいいんですよ!

53 GREENや30 NATURALも良さげなので、これは要チェックです。

 

総評:ドメブラ風シルエットのスウェット。使いやすそうなので、要チェック!

ワイドフィットスウェットプルパーカ(長袖)

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

期待値:★4.5

アイテム説明

アップデートされた定番。

古着をベースに、よりトレンドっぽくなってます。(今期は古着ベースが多いですね、そういうテーマなのかな?)

これもスウェットと一緒なので、省略!

ぼくの感想

こちら、もう既に3着持ってます。

なので、スルーするつもりだったんです…が!

 

青の色合いがいいですね…!!!この、のっぺりした青。レトロ感・おもちゃ感。
シルエットと相まって〇ーダーエラー風になってて、きになります。

またパーカーを増えちゃいそうで嫌。もうタンスが、はち切れんばかりにパンパンなんですよ。

総評:こちらもスウェットと同じ。さらに使いやすくなってそうなので、要チェック。

ボーダーT(半袖)

※3種類ありますが、まとめてレビューします。

期待値:★3

定番、まさに夏のカジュアル着

定番の細ボーダーT。

今回は色を多めに使って、カジュアルな印象です。

素材には太目の糸が使われているので、恐らくガサっとした質感。そこにボーダーが入ってるので、かなりカジュアル。

少し幼いですが、その幼さが好きな人にはよさそうです(僕とか)

ぼくの感想

普通の半袖ボーダー。

特にいうこともない…と思いましたが。

30 NATURALはよさそうですね。ドレスシャツなどに使われるストライプ柄を、Tシャツに、しかもボーダーで入れてあるので独特の雰囲気がある。

他と被りづらい柄ですし、いい意味で目立てそうです。(ただ、ユニクロってだけで被ったりもする)

総評:シンプルなボーダーT、30NATURALは要チェックか。

オーバーサイズクルーネックT(半袖)

期待値:★2

ちょっと変わって続投Tシャツ

続投のオーバーサイズTシャツ。

使いやすくて去年も人気だったアイテムです。

何も変わってないように見えますが、前年との変更点として

・加工で生地に光沢

・カラバリが増えた

とあります。

良くも悪くも、その変更がどう響いてくるのかがポイント。

ぼくの感想

これ、去年もそこそこ人気だったんですが、僕は買ってないんですよね。

というのも、低身長の僕が着るとカジュアルすぎた。

ただでさえ「デカいTシャツ」なのに、天竺生地のガサっとした質感が相まって「パパのくたびれたTシャツ着てる」になるんですよね。だから避けてた…。

 

しかし、今回は「生地にツヤ+カラバリ増加」なので、もしかしたら…という感じ。

 

特に、53 GREENがですか。

ガサっとした生地が北欧感に繋がるので、リネンジャケットよろしく、無印・ヤエカ・マーガレットハウエルに似た雰囲気になりそう。

場合によっては、今年一番見かけるTシャツになるかも。

総評:低身長には難しかったTシャツ、変更点に期待。ちなみに、170↑ならカジュアルすぎず着れるのでオススメ。

オーバーサイズボーダークルーネックT(半袖) ★

期待値:★5

アイテム説明

80年代を思わせる、太ボーダーTシャツ。

素材はボーダーTと同じものを使いながら、シルエットはオーバーサイズTというハイブリット。

レトロなのに今っぽい、独特の雰囲気を持った一着です。

ぼくの感想

これも、かなり気になってます。正直買うんじゃないかな。

80年代に弱いんですよね。太ボーダーは80年代~90年ごろに生まれた柄なので、見た目からしてレトロな雰囲気がある。

しかも、そこにこの配色、特に24オレンジ!ピンク+黄色という配色で、さらにレトロ感!!!

太ボーダーって子供っぽいから難しいですが、これだけレトロなら何とかなりそう。

個人的には、かなり期待している1着です。

総評:レトロ感満載のボーダーT。かなり子供っぽいですが、その子供っぽさが好きな人にはドンピシャ

エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ(5分袖)

 

期待値:★2.5

このまま出れるエアリズム

こちらも新作。

裏面エアリズム、表面はコットン生地という、変わったTシャツです。

エアリズム素材を使用しているので、汗をかいてもすぐ乾く。しかも、洗濯もすぐなので、ヘビロテ可能。下着感も少ないので、これなら一枚で出かけられそう。

ぼくの感想

これ普通に便利ですよね。汗かいてもシミにならなくて、匂いのしないTシャツ。

汗メッチャかくけど、そこそこの恰好をしたいとき、例えば夏場のバイトとか最高なんじゃないでしょうか。

一枚買っておくと重宝しそうです。

 

ただ、「じゃあこれ着て大学へ行くか?」というと、微妙なところ。ポケットもないので、ちょっと地味。

バイト着にはいいけど、普段着になるかはわからない。

 

総評:あったら便利そうなTシャツ。バイト着やインナーによさそう。

スーピマコットンポロシャツ(半袖)

期待値:★4

高コスパ定番ポロシャツ

定番のスーピマコットンポロ、今年も続投です。

・艶のあるコットン

・安定したシルエット

・貝ボタン

と、3拍子そろった凄いやつ。他で買ったら、8000円はします。

ぼくの感想

僕が去年買ったやつです。有能過ぎて、3日にいっぺんくらい着てました。

マジで3000円のクオリティではない。それくらい完成度高いです。

「品質が高い+シンプル」なのでどんな服にも合わせやすいですし、「とりあえず」で買っていいやつ。

 

ちなみに、着る時は「1~2サイズ上げてタックイン」がおすすめ。ジャストめなシルエットなので、そのままだとおじさん風になっちゃう。

 

総評:安心安定のポロシャツ。欲しかったら即買いしてOK。(ただ、サイズ上げてタックインがおすすめ)

シャツ

ストライプレギュラーカラーシャツ(長袖)

期待値:★3.5

※柄・カラー違いも全部、一緒に紹介してます。

トレンド意識のベーシックシャツ

ユニクロUの定番シャツ。

比翼仕立て・ボタン違いなど、今までさまざまなモデルがありましたが、今回は特に目立った要素なし。かなりベーシックです。

 

しかし代わりに、今年は色。トレンドカラーである「ペールトーン(薄い色)」を入れて、色でデザインを加えてます。

種類によってはリネンを混紡しているので、ペールトーンにあった柔らかい風合いになっているのも特徴。

ベーシックながら、お手軽にトレンドを取り入れられる一着です。

ぼくの感想

いい色ですね~!特に51 GREEN。青空のような爽やかさで、夏にピッタリです。(ちょっとパジャマ感もありますが)

また、リネンを入れることで、ペールトーンの色味を生かしてるのもイイ!

使いやすくてかわいいので、財布に余裕があったら買おうかな…。

総評:使いやすそうなストライプシャツ。簡単にトレンド取り入れたい人にオススメ。

ストライプスタンドカラーシャツ(長袖)

期待値:★3.5

使いやすいシャツ2号

こちらはスタンドカラータイプ。

襟以外はほぼ同じなので、特に説明はなし。

ただ、気持ちワイドシルエットになっているそうなので、こちらのほうがリラックス感はありそう。

ぼくの感想

色がいいですね~、特に52 GREEN(デジャヴ)。

薄いミントカラーの青で、柔らかい雰囲気。画像だけ見たら、ちょっとオーラリーっぽい。

こちらもリネンを混紡して柔らかくしてあるそうなので、実物に期待。

総評:スタンドカラーが欲しい人はこっち。襟は完全に好みなので、好きなほうでOK

チェックオープンカラーシャツ(長袖)

期待値:★2

リラックス感満載のオープンカラー

チェック柄のオープンカラーシャツ。

素材がレーヨン×コットンなこともあり、かなりリラックスした雰囲気になっていそうです。

襟が平行なので、着想はビンテージのペンドルトンでしょうか。

ぼくの感想

悪くはなさそうなんですが、難しそう。

というのも、オープンカラーの柄シャツって、パジャマのイメージが強い。

特に、これは着丈長めでリラックス感が出る作りなので、よりパジャマっぽくなってるのでは…?

かわいいんですけど、上手く着こなすのは難しそう。

総評:可愛いけど、一枚で着るのは難しそう。着る場合はインナー使いがメインか

ミリタリージャージーシャツ(長袖)

期待値:★3.5

存在感を放つ異端派シャツ

CPOシャツを基にしたシャツジャケット。

ストレッチのある天竺素材を使うことで、シワ感が出しており、謎の存在感があります。羽織るだけでサマになりそう。

トレンチに「60年代をベースに」とあったので、これも60年代ベースでしょうか。

ぼくの感想

まじで、なんだこれ…。こいつだけ放つオーラが違いすぎる。

天竺素材のおかげで、シャツ生地に独特のシワが生まれていて、ちょっと塩縮加工みたいに。こんなこと言ったら絶対怒られると思うんですが、ちょっとギャルソンみたいな…。

着るのは難しいんですが、ユニクロらしからぬ雰囲気があるので、気になる…。

総評:かなり異色そうなシャツ。着こなしは難しいが、モード系に落とせばかっこいいかも。

キューバシャツ(半袖)

期待値:★2.5

アイテム説明

キューバの伝統着、キューバシャツです。

脇にひだが付いているので、普通のシャツより少し派手なのが特徴。

しかし、4つポケットがないので、普通のキューバシャツよりも着やすいです。

シンプルですが、少し遊び心のあるシャツという感じ。

ぼくの感想

悪くはなさそう。普通のキューバシャツより着やすそうですし。

夏場はデザイン効いたシャツも欲しくなりますし、こういう買ってもいいかも。

ただ、買うんだったら他に欲しいものもあるなという気持ちもあります。

総評:少しだけ遊び心のあるシャツ。派手すぎず地味すぎず、が好きな人にいいかも。

ボトムス

ワイドフィットテーパードパンツ

期待値:★3

アイテム説明

セットアップ用のテーパードパンツ。

ゆるめのテーパードシルエットで、足がスッキリ見えます。

また、ウエストはゴムなのでベルトいらずというイージー使用。かしこまった場所でもらくちんに履けます。

ぼくの感想

定番のスラックス。ただ、僕はこれちょっと苦手なんですよね。

というのも、シルエットは綺麗なんですが、足が短いと崩れやすいんですよね…。

着画と僕が履いた時が全然違うので、苦手…。

 

かといって裾上げしてもシルエット崩れるし…。いちおう試着はしますが…はたして…。

総評:短足に厳しいスラックス。足が長い人は綺麗に履けるのでオススメ。

ワイドフィットタックテーパードパンツ

期待値:★2.5

長く使える定番ツータックパンツ

いわゆる、ワイドのチノパン。

形はツータックで、上から下に向かってすぼまっていくシルエット、素材には洗いをかけたコットンを使い、柔らかく。

シルエットのイメージはペグトップパンツと近いです。

「すぼまりシルエット+ウォッシュコットン」で、古着っぽい雰囲気。

ぼくの感想

これ結構難しいんですよ。

素材が洗いをかけたコットンなんですが、ちょっと生地がガサっとしすぎなんですよね。なので、普通の服と合わせるのが難しい。

僕も一昨年のタイプを持ってるんですが、基本、古着と合わせてます。

総評:良くも悪くも難しい雰囲気。古着を良く買う人には合うかも。

ワイドフィットストレートパンツ

期待値:★3.5

いつものストレートパンツ

こちらも定番のワイドストレートパンツ。基本は変わってなさそう。

ただ…

素材をコットンポリに変更

センタークリースが取れない加工

といった変更がされています。アメリカの伝統的なワークパンツが元らしいので、ディッキーズを意識しているのかも。

スラックスほど畏まってないので、普段使いしやすいアイテムです。

ぼくの感想

これ結構良さそうですね。前モデルを持ってるんですが、履いてるとすぐクリースが消えて困ってたんです。

スタプレ加工(?)してあるならガシガシ履けますし、便利そう。クリース消えないディッキーズって、便利ですしね。

シルエットが良かったら、買うかも。

総評:使いやすそうなパンツ。シルエットが良かったら、即買いしていいやつかも。

コットンリネンワイドフィットテーパードパンツ

期待値:★3

夏にぴったり涼し気なスラックス

こちらも、セットアップの下の方。

コットンリネンで少しくたっとしています。素材感がカジュアルなので、セットアップ以外でも使用可能。

涼しげ見た目なので、夏はTシャツと合わせるとよさそうです。

こちらも、マーガレットハウエルとかとイメージが近いですね。

ぼくの感想

セットアップと同じなので、割愛します。
北欧系の雰囲気が好きなら、合いそう。

総評:北欧風な一着。無印・ヤエカ・マーガレットハウエルが好きな人に

ワークストレートパンツ

期待値:★3

どことなく上品なワークウェア

新型。ペインターパンツをベースに、バンド等のディティールを無くしたシンプルなデザイン。

ただ、膝部分に生地を重ねることで、ちゃんと「ペインターパンツ」とわかるデザインになっています。

ワークウェアの雰囲気は残しつつ、どことなく上品。ポパイ系と相性よさそう。

ぼくの感想

色合いが面白いですね。ナチュラルカラーのワークパンツって中々ないので、新鮮な感じ。

カッコつき過ぎないデザインなので、使いやすい白パン探してる人とか、いいかも。

総評:脱シンプルしたい人におすすめ。目立ちすぎないので、取り入れやすい。

イージーワイドフィットパンツ

 

期待値:★3

優しさ・ストリート

古着屋で見かけるようなイージーパンツを、コットンリヨセルで作ったパンツ。

普通はナイロンで作られるのでもっとシャカシャカなんですが、コットンなので少しやさしげ。

質感はコットンリネンに近いんじゃないでしょうか。

ストリートに優しさを混ぜ合わせたようなデザインです

ぼくの感想

良くも悪くも「作業着感」がないので、ゴリゴリじゃないストリートファッションに使いやすそう。カラバリも豊富なので、使い道も多い。

イージーパンツってめっちゃ履き心地がいいので、バイト着とかにしてもいいかもですね。

総評:履き心地よさそうなパンツ。やさしめストリートに興味がある人とかにいいかも。

スリムフィットストレートジーンズ

期待値:★4

シンプルな新型ジーンズ

初登場の新型ジーンズ。

ワイド・ストレート・フレアは廃して、スリムシルエット一本という潔さ。

昨今はコロコロトレンドが変わりますから、あえてシンプルなものを、ということなのかも。

よくよく見ると、フライ部分のステッチを短くすることで、足が長く見えるように工夫されています。

シンプルながらユニクロの拘りが感じられるデニム、低身長でも履きやすそうです。

ぼくの感想

ストレート・ハイウエスト、とあるので、低身長の僕としては期待が高まります。

しかも、カラバリには白と黒も!ちょうどブラックデニム欲しかったので、良さげ立ったら買いたいな~って感じ。

総評:使いやすそうなデニム。シルエットによっては即買い安定な高コスパアイテムか?

ワイドフィットスウェットパンツ

期待値:★1

ミニマルなスウェットパンツ

スウェットパンツをワイドにしたパンツ。

どのくらいワイドにしたのかは、まだ謎。

デザインは無地、シルエットはストレートと、非常にシンプルなスウェットパンツです。

ぼくの感想

これも…、どうなんでしょう。

特に、37 brown。

言い方が悪いですが、「スウェットパンツ+悪発色」って、チープに見えがちなんですよね。場合によっては「駅前で売られてるヤツ」になりそう…。

スウェットパンツをミニマルにしたかったのはわかるんですが、結果としてどうなってるのかは…。

総評:かなり扱いの難しそうなアイテム。部屋着感がぬぐえているかどうか…。

グルカショートパンツ

期待値:★3.5

本格派・グルカショーツ

こちらも新型。

グルカというのは、18世紀にいた兵士のこと。グルカショーツとは、その兵が履いていたショーツのことです。(そのまんま)

フロントに大きく入ったツータック、裾に広がったシルエット、深めの股上が特徴。

デザインがきいていますが派手すぎないので、夏のファッションにピッタリです。

ぼくの感想

これは結構いいかもしれません。派手すぎないし、大人でも履けそうです。

そもそも、ショーツって難しいんですよね。デザインを入れなかったらちょっと地味なんですが、入れたら子供っぽくなっちゃう。

そこでユニクロは「歴史」から持ってくることで、子供っぽくせずにデザインを利かせたわけです。あたまいい。

 

サンプリングもしっかりしていて、サイドアジャスターや大きめのタック、丸みのあるシルエットなど、本格的な作り。

グルカショーツは色んなドメブラでもサンプリングされてますし、安価で手に入るのはいいですね。意外と狙い目かも。

総評:結構よさげなショーツ。短パンに興味ある人は、とりあえずこれ買ってもいいかも。

ジャージーショートパンツ

期待値:★1

 

短い版スウェットパンツ

スウェットパンツを短くしたやつです。似た感じなので、割愛。

ぼくの感想

これも同じ感想です。部屋着にならないだろうか…。

 

総評:部屋着感がぬぐえているかどうか

おわりに

以上、ユニクロレビューでした!

個人的には、かなりの当たり年感。

当初は、「まあ一応見とこかな」なんて、そんな乗り気じゃなかったんですが、見たら宝の山みたいになっててビックリしました…。

今回は古着を元にしたデザインが多かったこともあり、古着好きの僕はもう、メッチャ気になる物が多かった…。

 

正直なところ、わくわく感だけで言ったら、過去最高レベル!発売が待ち遠しいです、ウキウキ。

 

お読みいただきありがとうございました✊

RELATED POST