コスパ

低身長メンズの僕が買った古着をご紹介!4000円で買える高級アウターも?

低身長男子の買った古着紹介です。「古着って何買ったらいいんだ?」という方は参考にどうぞ!

 

古着っていいですよね…。

 

安くて、オシャレで…。

ジャケットでもシャツでも、ユニクロと同じくらいの値段で買えちゃいます。

 

基本的に一点物で、謎の傷や汚れがあったり、へんてこだったり。

想像力が掻き立てられて、あれやこれやと考えてしまうようなものばかり。

 

見ているだけで楽しめるものがたくさんあります。

 

 

また、ブランド服のデザイン元になっているような古着もあって、勉強にもなります。

僕の好きな菅田将暉も火曜サプライズで言ってました「まずは古着」と。

 

 

でも…?

「何買えばいいんだ?」

 

そう、古着って面白いんです、見ているだけでも楽しいし…。

でも、実際に古着屋に行くと何買えばいいんだ?どれ買えばいいんだ?

 

選択肢が多すぎて、逆に何を買えばいいかわかんない!!!ってなったりもします。

僕はそうでした。

 

そういうわけで、今回はそんな不思議で素敵な古着の中から、僕の買ったものをご紹介します。

 

古着買ってみたいけど何買ったらいいかわからない、という方は参考にどうぞ!

 

ポロラルフローレンのジャケット

 

f:id:teisintyo:20190502124749j:plain

 

ポロラルフローレンのドリズラージャケット。

 

サイズはSで、色は深海のような深い青。

一応Sサイズとは書いてありますが、アメリカサイズなので少し肩が落ちるくらいのゆったりシルエットです。

 

年代は恐らく90’sのもので、比較的最近の古着。

傷や汚れもなく、古着にしては状態がいいです。

 

買った時はシワシワだったんですが、一応クリーニングに出したらまっさらになって帰ってきて、古着っぽさが完全に消え去りました。

 

いいんだか悪いんだか…?

新品の服とも合わせやすいので気に入ってはいます。

 

 

f:id:teisintyo:20190502125044j:plain

ラルフのジャケットといえばコットンのタイプが主流ですが、こちらはポリエステル100%

ピーチスキンというポリエステルに起毛加工を施した生地を使っており、名前の通り桃の皮のような質感が特徴です。

 

厳密にいえば違うんですが、言っちゃえばフェイクスエードです。

 

コットンと違い水にも強く、シミなどがつきづらいです。

小雨程度であればはじいてくれるので、もうすぐ来る梅雨の時期にも重宝します。

 

f:id:teisintyo:20190502125233j:plain

 

裏地はコットン地のウィンドウペンチェック柄になっています。

 

表は化繊ですが裏はコットンになっており、肌触りがよく着心地がいいです。

意外にも保温力に優れていて、薄手ですが結構あったかい。

 

また、ボタンにはラルフローレン印字が入ったボタンを使用。

綺麗なボタンですが、よく見たら水牛ボタンではなくプラスチックボタンでした😂

 

f:id:teisintyo:20190502125646j:plain

 

ジッパーにもポロの印字。

こちらはだいぶ経年変化して風合いが出てますね。

 

使い古した鉄製品のような鈍いツヤが出ていて、男らしくてカッコイイ☺

 

ちなみにファスナーはYKK社のものです。

古着のファスナーを見ているとよく「YKK」って書いてあるので、やっぱりYKK社ってすごいなと改めて感じます。

 

f:id:teisintyo:20190502125725j:plain

 

襟の裏側と胸の刺繍はベージュになっています。

このようにチンストラップを付けると襟を立てることができるので、寒い日などは立ち襟にして使ってます。

 

このベージュを小物で拾えると、纏まった印象が出てオシャレですね👀

 

単品で見ると少々おじさんっぽいアイテムですが、発色がいいので使いやすい。

古着ミックスのスタイルにも取り入れやすいので、非常に重宝してます☺

 

ワイドパンツやスキニーなど、履くパンツも選ばないので秋頃は週2,3くらいで着てました。

 

ちなみにこちら、お値段なんと4000円、新品で買ったら数倍するので超お得です。

値段的にも買ってよかったな~と思う買い物でした。

 

非常に使いやすいアイテムなので、安くていいアウターが欲しい、という方はぜひ、古着屋もチェックしてみてください!

 

どっかのブランドのコーデュロイパンツ

 

f:id:teisintyo:20190502130044j:plain

 

光沢感のある太畝のコーデュロイワイドパンツです。

腰回りに入ったツータックと、ウォッチポケットが特徴的。

 

いつの物かは忘れたんですが、たしか70’sだったかな…?

40~50年前くらいになると、いい具合に古着らしい感じが出ますね。

 

一昨年から去年にかけて、世間のコーデュロイ熱がすごかったので、「乗るしかない、このビックウェーブに」と思って買ったのがこのパンツ。

 

こちらは6000円程度でした。

安くトレンドを取り入れられるのも、古着屋のいいところですね。

 

f:id:teisintyo:20190502130118j:plain

 

ちょっと見えづらいですが、お尻の部分に謎の茶色汚れがあります。

💩「漏らしたのかな?」

 

こういうわけわかんない傷や汚れがあるのも、古着の魅力ですね。

前の持ち主がどんな着方をしていたのか…とっても気になります。

 

少々汚れてはいますが、破れなどはなく状態はいいです。

タグもしっかり残っており、ブランド名まで確認できます。

 

f:id:teisintyo:20190502130222j:plain

 

f:id:teisintyo:20190502130248j:plain

 

†Graphiti†

 

どこのブランド…?

made in france と書いてあるので、恐らくフランスのブランドかと思われます。

 

恐らく現存していませんが、メイドインフランスと聞くと謎のプレミア感を感じますね…(ミーハー並感)

 

f:id:teisintyo:20190502131210j:plain

 

ただ、縫い口はちょっとズレてます。

柄が合わさるように縫われていると高品質、という話を聞きますが、メッチャ離れてます。

 

たぶんそんな高い物でもないです。

 

こちらのズボン、丈は長めですが股上が深く取られているので、ダボダボにはなりません。

低身長に優しい設計や…。

 

結構インパクトのある一品なので合わせる服は選びますが、1着持っていると楽しい洋服です。

秋~冬にかけて、さっきのラルフのジャケットやGILDANのスウェットとよく合わせていました。

 

こちらのズボンは秋冬ものなので、さすがにこれからは着ることができません。

「じゃあ何買えばいいの?」って話ですが、僕はライトオンスのデニムをオススメします!

 

古着屋のデニムは色落ちが進んでいることが多く、1から育てる必要もないため扱いが簡単!

汗かいたらガシガシ洗えるので、夏場は非常に役立ってくれます!

 

ふっとい物から細身のものまで、それぞれの古着屋でいろんな種類のものがあるので、是非色々探して掘って見てください。

きっと自分だけのお気に入りが見つかるはず👀

 

最後に

 

今回紹介した僕の私物の一部を紹介しましたが、この服だともう暑い!という方は、先ほども書きましたが「ライトオンスのデニム」や「ビンテージのシャツ」がオススメです!

 

特に、メチャカワ柄シャツなんかはその場限りの1点物も多いので、自分に似合う物をゲットできれば愛着湧きまくること間違いなし!!!

 

君だけの一枚をゲットしよう👊👊👊

 

 

古着って見ているだけでも面白いので、まだ行ったことないよー🙋って方は、「こんな安いの!?」とか「こんな服あるの!?」って、いい意味でビックリすると思います!

 

近くにあったら、ぜひ一度行ってみてください☝

 

 

お読みいただきありがとうございました👏