小物

ラカル(Racal)のニットキャップをレビュー! 夏でも使えるコスパ◎帽子!

僕が購入したオススメのニットキャップ「racal knitcap」についてのご紹介!

コスパヨシ、機能性ヨシ、見た目ヨシのお役立ちニットビーニーです。

 

ラカルってなに?

 

出典:http://www.rayline-co.com/racal/

 

2003年よりスタートした帽子専業ブランド。

シーズンテーマなどは設けず、定番からトレンドまで、幅広く帽子を製作されています。

 

製作される帽子はすべてメイドインジャパン🇯🇵

低価格ながら高品質という、コストパフォーマンスを地で行くブランドです。

 

Racal ROLL KNIT CAP

 

 

こちら、ラカルから定番でリリースされているニットキャップです。

 

ロールが小さめ、深さ浅め。

頭にピッタリとフィットするのが特徴です👲

 

顔が小さく見えるから本当に助かるわ~って、誰が顔デカいねん

 

 

毎回改良が施されていて、シーズンごとに少しずつ見た目が違います。

今回のニットキャップは自分でロールの長さや浅さが調整できるのと、涼し気な素材感が特徴です。

 

このキャップのいいところ

 

そこそこ安い

 

 

お値段は4000円です

この子は本当に安いんです

 

本当に…本当に…安いんです…ウッ…ウッ…

うぅ~~~~~~~~;-;

 

今やユニクロで買っても3000円。

ドメブラで買ったら1万以上するなんてザラです。

 

対して、このラカルのコストパフォーマンスですよ!

 

安い🤨

ロールが小さいところ

 

👆ロールが~~~小さい!

正確には自分で調節できるので「小さくできる」ということです。

 

ロールが小さいと何がええねんって話ですが、まず見た目がいいです。

ロールがデカいと、少しストリート感が強くて…。

 

出典:https://www.magaseek.com/product/detail/id_001624822

 

こんな感じ👀

 

こちらはこちらでいいとは思うんですが、やっぱり少し主張が強いような。

スケボーやヒップホップなど、ストリートカルチャーに精通している人が被ればサマになるんでしょうが、僕のような普通の人間が被ると「着られてる感」が出がちです。

 

出典:http://www.rays-store.jp/?pid=142591980

 

なので個人的には、ロールが短いほうが普段使いしやすいと思います。

細身でもビックシルエットでも、ストリートでもきれいめでも…どんな格好にも合わせれるので。

 

浅いところ

 

 

浅いところ~~~!

正確には、調節できるので「浅くできる」ですが…!!!

 

3ロールほどすると深さ15㎝くらいになります。

全開まで被っても、耳の上あたりまでしか収まりません。

 

浅いと何がいいねんって、ロールが小さいのとほぼ同じ理由です。

野暮ったい感じが出ないので、普段使いしやすい。

 

また、頭にピタっとフィットしてくれるので、顔が小さく見える!

 

髪型を問わず、帽子の形そのままになるため、顔のサイズが3割減くらいに見えます。

被れば8等身も夢じゃない!

 

特に僕みたいな低身長は、少しでも顔が大きいとスタイルバランスが悪くなりがち…😢

低身長はこういった帽子を駆使して等身を増やすのです…😣

 

夏でも使える素材感

 

 

素材にはコットンを80%、リネンを20%使用。

暑くても寒くてもかぶれるので、春夏秋冬のオールシーズン使えます。

 

また、吸湿性・通気性に優れているので、去年のようなあほ暑い真夏日にも使えます

これからの季節にぴったりです。

 

「帽子被ったら蒸れて暑いやん」って思いがちですが、熱線を防いでくれるので、逆に涼しいです。

砂漠の人も帽子被ってますからね。

 

 

ちなみに、帽子は紫外線の防止にも優れています

 

紫外線を直で受けていると、髪を傷めたり、ハゲの原因になったりします。

だから夏場でも帽子は被ったほうがいいんだって   (・ω・)

 

これからの季節は紫外線量がピークになるので、髪の毛サラサラさせたい方はぜひ。

 

メイドインジャパンという安心感

 

 

 

なんとこのracalのニットキャップ、4000円という価格ながらMADE IN JAPAN。

さんざん言ってますが、破格のコストパフォーマンスです。

 

最近はどの国でもそこそこ縫製が綺麗なので、生産国にそこまで拘る必要もないかな〜とも思うんですが…。

 

やっぱりメイドインジャパンって気持ちプレミア感があるんですよね~~~👏

丈夫に作られている気がするというか。

 

事実、被っていてもほつれ・破れ等できづらいです。

 

それに、日本の工場にお金払って作ってるので、日本経済的にもいいんじゃないですか?(唐突な経済的視点)

 

おわりに

 

 

今回はラカルのニットキャップの紹介でした。

被ってみるとわかるんですが、本当に使いやすくて小顔に見えるので重宝します。

 

帽子って興味あるけど、いざ手が出ないんだよな~という方は是非一度お試しアレ

 

 

また、同じニットキャップでも、違うタイプもあります。

 

出典:http://www.rayline-co.com/racal/2018/1119173117.html

 

こちらはコットンアクリルのニットキャップ。

 

より畝が細くなっており、ミニマルな見た目が特徴。

紹介した物よりさらに浅く作られているので、かなり小顔に見えます。

 

今回は夏に使う用の帽子探していたこともあって、こちらは購入しませんでしたが、個人的にはこっちのほうが見た目が好みです。

より小顔に見えるから…。

 

カラーバリエーションも16種類とかなり豊富なので、人と被りづらいのもグッドポイント!

 

アクリル混ですが生地が薄いため、暑がりの方でなければこれからの季節も着用いただけます。

俺は夏でもクールな男だよ~✋😃って方はコチラがオススメです。

 

 

帽子って髪型と一緒で、変えるだけですごく印象が変わるのでとっても面白い。

被るだけでちょっぴりオシャレになった感じがします…👀

 

興味があるかたはぜひ👐

 

お読みいただきありがとうございました👐